ジェネリック医薬品って? | 問題が肥大化する前に、厄介な性病を治しておきませんか?

ジェネリック医薬品って?

性病に効果のあるレボクインはクラビットのジェネリック医薬品として患者さんたちの元に回っています。
このジェネリック医薬品というのは、皆様ご存知でしょうか?元々開発されている外国のお薬を日本の製薬会社が日本人向けに改良し、厳重に審査したお薬のことをいいます。
では、何故日本でお薬を作らず外国のお薬を改良して販売すると思いますか?
実は、何もない状態から患者さんたちが安心して飲むお薬を開発するとなると、莫大な資金と途方もない時間が必要になってくるのです。
まず、お薬を開発するための開発施設、専用の機械、器具が必要になってきます。となると、それらを扱うことが出来る人材が必要になってきます。
この人材も資格と知識が求められるため、そう簡単に集まったりもしません。
次にお薬の元となる原材料です。この材料は日本には存在しない植物が必要になってきたりするので、このためにわざわざ輸入する必要も出てきます。
そして、何よりかかってしまうのが時間です。
一つのお薬を完成させるには、1年や2年では間に合いません。10年以上かかること普通にあります。
この不確定な時間があるせいで、製薬会社もどこまで資金を用意すればいいのか見当がつきません。日本の製薬会社はそのような開発にお金を使うほど余裕はないのです。
しかし、ジェネリック医薬品なら開発費も人件費もかなり低コストで済むので、安く薬を提供することができるのです。
メーカーだけでなく患者さんにとってもうれしいのです。
このジェネリック医薬品は国も推奨していることなので、今後もジェネリック医薬品は増えていくことでしょう。